※次の文章は、「一般動詞の過去形の否定文」映像を文章で解説したものです。

「一般動詞の過去形の否定文」って?

みなさん、こちらを見て下さい。

私は テニスをしませんでした。
あなたは テニスをしませんでした。
彼女は テニスをしませんでした。
彼は テニスをしませんでした。
彼らは テニスをしませんでした。
私たちは テニスをしませんでした。
あなたたちは テニスをしませんでした。

「~しません。」(否定)と、「~でした。」(過去)が合体していますね。
このような文章が、「一般動詞の過去形の否定文」ですね。

「一般動詞の過去形の否定文」の作り方は?

では、どのような英文になるのか見ていきましょう。

I did not play tennis.
You did not play tennis.
She did not play tennis.
He did not play tennis.
They did not play tennis.
We did not play tennis.
You did not play tennis.

このように、主語に関係なく、すべて、「 did  not play 」となります。
現在形の文章で使っていた、「 do 」とか「 does 」の場所に、「 did 」を入れればいいですね。

また、「 do 」とか「 does 」の使い分けも必要ありませんね。
そして、「 did 」には、過去の意味がありますから、「 play 」に「 ed 」を付ける必要が無いんですね。

これもリズムよく発音して覚えましょう!

~光が丘の学習塾 長瀬塾オール5~