※次の文章は、「be動詞の否定文」映像を文章で解説したものです。

「否定文」って?

みなさん、こちらを見て下さい。

私は 犬ではありません。
あなたは 犬ではありません。
彼女は 犬ではありません。
彼は 犬ではありません。
彼らは 犬ではありません。
私たちは 犬ではありません。
あなたたちは 犬ではありません。

「犬ではありません。」という文章になってますね。
それで、主語は前回と同じで色々使ってますね。

「~ではありません。」という文章を、「否定文」と言います。
では、否定文になるとどのように英文が変わるのか見ていきましょう。

「否定文」はどうやって作るの?

今までだったら、

I am a dog.
You are a dog.
She is a dog.
He is a dog.
They are dogs.
We are   dogs.
You are dogs.

でしたね。
それが、「~ではない」という文章になると、

I am not a dog.
You are not a dog.
She is not a dog.
He is not a dog.
They are not dogs.
We are not   dogs.
You are not dogs.

となります。
「be動詞」のすぐ後ろに、「 not 」を入れるだけです。
主語はどれでも関係ありませんね。
あとは何も変えません。

とにかく「 not 」を入れる場所にだけ気を付けて下さいね。

~光が丘の学習塾 長瀬塾オール5~