分野別で答えを隠してトレーニングできる。全730問掲載予定。毎日コツコツがんばろう!

目次

高校入試 理科 一問一答 ~生物分野~

身のまわりの生物の観察(中1メイン)

●問1
手に持った花などのつくりをルーペで観察するとき、
ルーペと観察したいもののどちらを前後に動かして観察するか。

(答)観察したいもの
→動かせるなら動かそうってことですね。

●問2
顕微鏡にレンズをとりつけるとき、接眼レンズと対物レンズのどちらを先にとりつけるか。

(答)接眼レンズ(せつがんれんず)
→ほこりが入らないように上側からつけるのですね。

●問3
顕微鏡からレンズをとりはずすとき、
接眼レンズと対物レンズのどちらから先にとりはずすか。

(答)対物レンズ(たいぶつれんず)
→取付けのときと逆ですね。対物レンズにほこりも付きにくいですから。

●問4
顕微鏡で観察するとき、「10×」と書かれた接眼レンズと、
「40」と書かれた対物レンズを使うと、何倍で観察できるか。

(答)400倍
→10×40=400ですね。

●問5
顕微鏡で観察するとき、レンズを低倍率にするほど視野の明るさはどうなるか。

(答)明るくなる。
→視野が広くなるので明るく見えるね。

●問6
顕微鏡で観察するとき、レンズを高倍率にするほど視野の広さ(見える範囲)はどうなるか。

(答)せまくなる。
→拡大されるのでせまい範囲が見えるようになりますね。

●問7
対物レンズを倍率の低いものから高いものに変えると、
ピントが合ったときのレンズとプレパラートの距離はどうなるか。

(答)近くなる。
→プレパラートは、観察物をスライドガラス(下)とカバーガラス(上)ではさんだセットですね。

●問8
顕微鏡でピントを合わせるとき、対物レンズとプレパラートを近づけながら合わせるか、
遠ざけながら合わせるか。

(答)遠ざけながら合わせる。
→近づけていくと、レンズとプレパラートがぶつかって割れてしまうよね。。。

●問9
プレパラートづくりで、静かにカバーガラスを下すときには、どのようなことに注意するか。

(答)気泡が入らないようにすること。
→気泡が入ると観察しづらいよね。。。

●問10
双眼実体顕微鏡を使ったときの像の見え方には、顕微鏡とくらべてどのような特徴があるか。

(答)立体的に見える[上下左右が逆転しない]。
→顕微鏡では上下左右が逆転して見えています。

 

花を咲かせる植物(中1メイン)

●問11
花を咲かせ、種子をつくってなかまをふやす植物を何というか。

(答)種子植物(しゅししょくぶつ)
→「種子」ですからそのままですね。。。

●問12
花のつくりで、めしべの先の部分を何というか。

(答)柱頭(ちゅうとう)
→柱の頭部分ですね。

●問13
花のつくりで、めしべのもとのふくらんだ部分を何というか。

(答)子房(しぼう)
→「脂肪」じゃないよ。

●問14
花のつくりで、おしべの先の花粉が入った小さな袋を何というか。

(答)やく
→おしべは何本かあるよ。

●問15
花粉がめしべの柱頭につくことを何というか。

(答)受粉(じゅふん)
→「花粉を受ける」ってことだね。

●問16
花粉がめしべの柱頭についたあと、やがて種子になる部分を何というか。

(答)胚珠(はいしゅ)
→「胚」→「子」でしりとりになってるね。

●問17
花粉がめしべの柱頭につくと、子房は成長してやがて何になるか。

(答)果実(かじつ)
→食べられる部分ですね。

●問18
種子植物のうち、胚珠が子房の中にある花をつける植物を何というか。

(答)被子植物(ひししょくぶつ)
→「被」は「おおう」という意味で、子房が胚珠をおおっているのですね。

●問19
マツの雌花のりん片についているのは何か。

(答)胚珠(はいしゅ)
→雌花なので胚珠ですね。

●問20
マツの雄花のりん片についているのは何か。

(答)花粉のう(かふんのう)
→雄花なので花粉ですよね。「のう」は「袋」の意味ですね。

●問21
種子植物のうち、子房がなく胚珠がむき出しになっている花をつける植物を何というか。

(答)裸子植物(らししょくぶつ)
→「裸」は「はだか」という意味で、子房が胚珠をおおっていないのですね。

 

植物のからだのつくりとはたらき(中1メイン)

●問22
植物が光を受けてデンプンなどの栄養分をつくるはたらきを何というか。

(答)光合成(こうごうせい)
→「光」が必要ですからね。

●問23
植物が、光合成の原料として、空気中からとり入れる気体と根からとり入れる液体は
それぞれ何か。

(答)二酸化炭素、水(にさんかたんそ、みず)
→光合成では、酸素ではなく、二酸化炭素が必要だね。

●問24
葉の細胞の中に見られるたくさんの緑色の粒で、光合成を行っているところを何というか。

(答)葉緑体(ようりょくたい)
→光合成に必要なものは、水、葉緑体、光、二酸化炭素、の4つですね。
「水(水)曜(葉緑体)日(光)に(二酸化炭素)は光合成」と覚えよう。

●問25
デンプンの検出に用いられ、デンプンと反応して青紫色を示す試薬は何か。

(答)ヨウ素液(ようそえき)
→ジャガイモの実験で見たことあるかな。

●問26
植物で、昼も夜も行われているのは、光合成と呼吸のどちらか。

(答)呼吸(こきゅう)
→呼吸は常にしておかないとね。。。

●問27
葉の表皮や断面を顕微鏡で観察したときに見られる、たくさんの小さな部屋のようなものを何というか。

(答)細胞(さいぼう)
→人間も細胞の集まりからできてるよ。

●問28
葉の表皮に見られ、気体の出入り口となる、一対の三日月形の細胞に囲まれたすき間を
何というか。

(答)気孔(きこう)
→「孔」は「穴」の意味で、気体の出入りする穴ってことね。

●問29
気孔が多いのは、いっぱんに葉の表側と裏側のどちらか。

(答)裏側(うらがわ)
→表側は日光をたくさん浴びたいこともあるし、穴開けてる場合じゃないよね。。。

●問30
若い根の先端に見られ、根を土に固定し、水や水に溶けた養分を吸収するはたらきをもつ
細かい毛のようなものを何というか。

(答)根毛(こんもう)
→「根の毛」ですね。

●問31
根・茎・葉を通してつながっていて、根から吸収した水や水にとけた養分を通す管を
何というか。

(答)道管(どうかん)
→真ん中を「ドーカーン!」と通っているのです。。。

●問32
根・茎・葉を通してつながっていて、葉でつくられた栄養分が運ばれる管を何というか。

(答)師管(しかん)
→「導管」は「根」、「師管」は「葉」ですね。

●問33
葉でつくられたデンプンは、どのような物質に変えられて、植物のからだ全体に運ばれるか。

(答)水にとけやすい物質(ショ糖)
→デンプンは水に溶けないので、溶けやすくしてから全体に運ぶのですね。

●問34
道管や師管が束のように集まっている部分を何というか。

(答)維管束(いかんそく)
→道管と師管が「束(たば)」になっているのでこの名前。

●問35
葉に見られるすじのようなつくりで、中に維管束が通っている部分を何というか。

(答)葉脈(ようみゃく)
→人間で言う、血管のようなものですね。

●問36
根から吸収され、葉へ運ばれた水が、水蒸気となって空気中へ出ていく現象を何というか。

(答)蒸散(じょうさん)
→「水気」を「らす」のですね。

 

植物のなかま(中1メイン)

●問37
被子植物のうち、芽生えのときの子葉が1枚のものを何というか。

(答)単子葉類(たんしようるい)
→「単」は1つ、「子」は子葉を表すのですね。

●問38
被子植物のうち、芽生えのときの子葉が2枚のものを何というか。

(答)双子葉類(そうしようるい)
→「双」は2つ、「子」は子葉を表すのですね。

●問39
被子植物の双子葉類の根のつくりはどのようになっているか。

(答)主根(しゅこん)、側根(そっこん)からなる。
→「主根」が真ん中の太い根、「側根」がその周りから生えている根。

●問40
被子植物の単子葉類の根のつくりはどのようになっているか。

(答)ひげ根をもつ
→「主根・側根」のつくりではなく、おうぎ形みたいに広がってる根。

●問41
茎の横断面を見たとき、維管束が輪の形に並んでいるのは、単子葉類か双子葉類か。

(答)双子葉類(そうしようるい)
→きれいに輪になってるね。単子葉類の維管束は、ばらばらに散らばっています。

●問42
単子葉類の葉脈は、平行脈か網状脈か。

(答)平行脈(へこうみゃく)
→きれいに平行になってますね。双子葉類の葉脈は網状(もうじょう)で網目のようですね。

●問43
双子葉類のうち、花弁が1つにくっついている花をつけるものを何というか。

(答)合弁花類(ごうべんかるい)
→花弁とは花びらのことですね。花弁が2枚以上あるものは、離弁花類(りべんかるい)。

●問44
種子をつくらせないゼンマイやイヌワラビは、何という植物のなかまか。

(答)シダ植物
→この代表的な2つときたら、、、「シダ」!

●問45
種子をつくらせないゼニゴケやスギゴケは、何という植物のなかまか。

(答)コケ植物
→「~コケ」なのでそのままですね。。。

●問46
種子をつくらせないゼンマイやゼニゴケなどの植物は、何をつくってなかまをふやすか。

(答)胞子(ほうし)
→シダ植物も胞子で増えます。胞子は「ほうこ(さん)」ではありません!

●問47
種子をつくらない植物も、葉緑体があるので種子植物と同じはたらきをする。
そのはたらきとは何か。

(答)光合成(こうごうせい)
→シダ植物・コケ植物も光合成をするんだね。

●問48
種子をつくらない植物のうち、種子植物と同じように維管束がある植物の仲間を何というか。

(答)シダ植物
→シダ植物・・・呼吸する・光合成する・胞子で増える・維管束あり

 コケ植物・・・呼吸する・光合成する・胞子で増える・維管束なし

 

細胞のつくりとはたらき(中2メイン)

●問49
細胞のつくりで、ふつう1個の細胞に1個あり、染色液によく染まる丸い部分を何というか。

(答)核(かく)
→染色液には、「酢酸(さくさん)カーミン溶液」や「酢酸(さくさん)オルセイン溶液」が使われて、赤く染まります。

●問50
細胞のつくりで、核のまわりの部分を何というか。

(答)細胞質(さいぼうしつ)
→いわゆる「身」の部分ですね。。。

●問51
細胞のつくりで、細胞質のいちばん外側にあるうすい膜を何というか。

(答)細胞膜(さいぼうまく)
→そのままですね。。

●問52
植物の細胞膜の外側にあり、植物のからだを支えるのに役立っているじょうぶなつくりを何というか。

(答)細胞壁(さいぼうへき)
→「膜」をおおっているのが、「壁」でかべとなっているんだね。

●問53
植物の細胞の中に数多くある、光合成を行う小さな粒を何というか。

(答)葉緑体(ようりょくたい)
→「葉」にある「緑」の「体」で葉緑体だね。

●問54
植物の細胞の細胞質の一部で、液で満たされた袋を何というか。

(答)液胞(えきほう)
→「胞」は袋を意味するので、液の入った袋ですね。

●問55
1つ1つの細胞が酸素と栄養分をとり入れて生きるためのエネルギーをとり出し、二酸化炭素を放出するはたらきを何というか。

(答)細胞の呼吸(さいぼうのこきゅう)(細胞呼吸、細胞による呼吸)
→人間も含めて生物は呼吸してますね。

●問56
からだが1つの細胞でできている生物を何というか。

(答)単細胞生物(たんさいぼうせいぶつ)
→「単」は「1つ」の意味。

●問57
からだが多くの細胞でできている生物を何というか。

(答)多細胞生物(たさいぼうせいぶつ)
→「多」は「多い」という意味だね。

●問58
ゾウリムシ、ミジンコ、ミカヅキモ、アメーバの中で、多細胞生物はどれか。

(答)ミジンコ
→いかにも多細胞っぽいよね。他は単細胞生物だね。

●問59
動物の胃や腸、植物の葉や茎のように、それぞれ特定のはたらきを受けもっている部分を何というか。

(答)器官(きかん)
→胃などは「臓器」とも言うから、「臓器」→「器官」で、しりとりで覚えよう。

●問60
形やはたらきが同じ細胞が集まったものを何というか。

(答)組織(そしき)
→ 小さい順に、「細胞」→「組織」→「器官」→「個体」(人間の体とか)となっていくよ。

 

呼吸(中2メイン)

●問61
ヒトの器官のうち、ふくらんだりもとの大きさに戻ったりして、空気を出入りさせている器官を何というか。

(答)肺(はい)
→2つありますね。

●問62
肺の下にある膜のような筋肉が上下することによって、呼吸が行われる。この膜のような筋肉を何というか。

(答)横隔膜(おうかくまく)
→「横」に「隔」(へだ)てている「膜」ですね。

●問63
肺の下にある横隔膜が下がり、ろっ骨が引き上げられ、肺のまわりの体積が広がるのは、息を吸うときか、息をはくときか。

(答)息を吸うとき(いきをすうとき)
→体積が大きくなるので、吸うときですね。

●問64
口や鼻から吸い込まれた空気が肺に入るまでの通り道を何というか。

(答)気管(きかん)
→空「気」が通る「管」(くだ)ですね。

●問65
気管支の先についている小さな袋で、毛細血管に取り囲まれている部分を何というか。

(答)肺胞(はいほう)
→「肺」にある、小さな「胞」=ふくろですね。

●問66
吸う息とはく息で、酸素が多くふくまれているのはどちらか。

(答)吸う息(すういき)
→酸素を吸って、二酸化炭素を多くはきますね。

 

血液とその循環(中2メイン)

●問67
心臓から送り出される血液が流れている血管を何というか。

(答)動脈(どうみゃく)
→心臓から出る血液の「血管」の名前です。活動的と覚えましょう。

●問68
肺やからだの各部から心臓にもどる血液が流れている血管を何というか。

(答)静脈(じょうみゃく)
→心臓に戻る血液の「血管」の名前です。静かに戻ってくると覚えましょう。

●問69
動脈と静脈をつないでいる細い血管を何というか。

(答)毛細血管(もうさいけっかん)
→毛のように細い血管なんですね。

●問70
血管の壁が厚く、弾力があるのは、動脈と静脈のどちらか。

(答)動脈(どうみゃく)
→動脈の方が、勢いよく全身を巡らせないといけないのでね。

●問71
血液が逆流しないようにするため、静脈のところどころにあるものを何というか。

(答)弁(べん)
→血液が戻ろうとすると弁が閉じるんですね。

●問72
血液の液体成分が血管からしみ出たもので、細胞のまわりを満たしている液を何というか。

(答)組織液(そしきえき)
→細胞が集まって「組織」ができていて、その辺りを満たしているので、「組織液」だね。

●問73
血管と同様に体中にはりめぐらされていて、しだいに集まって太い管となり、首の下で静脈と合流する管を何というか。

(答)リンパ管(りんぱかん)
→「リンパ」ってよく聞きませんか?

●問74
血液の成分で、丸い形をしていて、酸素をからだの各部分に運ぶ働きをするものを何というか。

(答)赤血球(せっけっきゅう)
→アンドーナッツみたいな形しています。

●問75
血液の成分で、からだの中に入ってきた細菌をとらえるはたらきをするものを何というか。

(答)白血球(はっけっきゅう)
→赤血球よりも大きめです。強そうですね。

●問76
血液の液体成分で、吸収された栄養分やからだの中でできた二酸化炭素などをとかしこんで運ぶものを何というか。

(答)血しょう(けっしょう)
→これは液体なので注意。運び屋さんですね。

●問77
血液の成分で、出血したときに血液を固めるのに役立っているものを何というか。

(答)血小板(けっしょうばん)
→「血」を「小」さくする「板」ですね。

●問78
赤血球にふくまれ、酸素の多いところでは酸素と結びつき、酸素の少ないところでは酸素をはなす性質をもつ物質は何というか。

(答)ヘモグロビン
→要するに、酸素を体内にまんべんなく渡すのですね。

●問79
いちばん厚い筋肉でできていて、全身に血液を送り出す動脈とつながっている心臓の部屋を何というか。


(答)左心室(さしんしつ)
→自分から自分の心臓を見て、左の下側にある大きめの部屋ですね。全身に押し出すので筋力がすごい!

●問80
全身から血液がもどってくる静脈とつながっている心臓の部屋を何というか。

(答)右心房(うしんぼう)
→自分から自分の心臓を見て、右の上側にある小さめの部屋ですね。「~室」は下側の大きめの部屋、「~房」は上側の小さめの部屋、ですね。

●問81
酸素をもっとも多くふくんだ血液が流れこむ心臓の部屋を何というか。

(答)左心房(さしんぼう)
→肺から酸素をもらって一番初めに入る心臓の部屋ですね。

●問82
肺へ血液を送り出す心臓の部屋を何というか。

(答)右心室(うしんしつ)
→送り出す心臓の部屋は「~室」。全身に送り出すのは「左心室」、肺に送り出すのは「右心室」。

●問83
血液の循環で、心臓から肺を通って心臓にもどる経路を何というか。

(答)肺循環(はいじゅんかん)
→肺へ循環しているので。

●問84
血液の循環で、心臓から肺以外の全身を回って心臓にもどる経路を何というか。

(答)体循環(たいじゅんかん)
→体を循環するので。

●問85
二酸化炭素を多くふくんだ血液を何というか。

(答)静脈血(じょうみゃくけつ)
→全身から心臓に戻ってくる血液と、心臓から肺へ向かう血液だね。

●問86
酸素を多くふくんだ血液を何というか。

(答)動脈血(どうみゃくけつ)
→肺から心臓へ向かう血液と、心臓から全身へ出ていく血液だね。

●問87
心臓につながる血管のうち、酸素をもっとも多くふくむ血液が流れている血管を何というか。

(答)肺静脈(はいじょうみゃく)
→「肺」から来る「静脈」(心臓に戻ってくる血液の血管)だからね。

●問88
心臓につながる血管のうち、二酸化炭素をもっとも多くふくむ血液が流れている血管を何というか。

(答)肺動脈(はいどうみゃく)
→「肺」に向かっている「動脈」(心臓から出る血液の血管)だからね。

 

消化と吸収(中2メイン)

●問89
炭水化物、脂肪、タンパク質などのように、炭素をふくみ、燃やすと二酸化炭素が発生する物質を何というか。

(答)有機物(ゆうきぶつ)
→炭素を含む物質を「有機物」と言います。

●問90
口から始まり、食道、胃、小腸、大腸を通って肛門までつづく1本の長い管を何というか。

(答)消化管(しょうかかん)
→「消化」するための「管」(くだ)ですね。

●問91
だ液や胃液のように、食物の消化に関係する液を何というか。

(答)消化液(しょうかえき)
→「消化」する「液」でそのままですね。

●問92
食物の成分のうち決まった物質だけを分解し、体内に吸収しやすい物質に変えるはたらきをもつものを何というか。

(答)消化酵素(しょうかこうそ)
→消化液に含まれています。

●問93
だ液にふくまれており、デンプンを麦芽糖(ばくがとう)などに分解する消化酵素を何というか。

(答)アミラーゼ
→「糖」は甘い→「アメ」は甘い→「アミラーゼ」と連想してみる。

●問94
ペプシンという消化酵素をふくみ、タンパク質をいちばんはじめに消化する消化液を何というか。

(答)胃液(いえき)
→「ペプシ―」ではありません。。。

●問95
肝臓でつくられ、消化酵素はふくんでいないが、脂肪の消化を助けるはたらきをする消化液を何というか。

(答)胆汁(たんじゅう)
→「たんじる」じゃないよ。読み方に注意だね。

●問96
デンプン、タンパク質、脂肪の消化に関係するすい液をつくる器官を何というか。

(答)すい臓(すいぞう)
→「すい液」だから「すい臓」でつくるね。

●問97
小腸の壁(表面)の消化酵素は、デンプン、タンパク質、脂肪のどの物質の消化に関係するか。

(答)デンプン、タンパク質
→小腸は長いので、脂肪より名称が長めのこの2つと覚えるといいかも。

●問98
デンプンは、消化されて最終的に何という物質になって吸収されるか。

(答)ブドウ糖(ぶどうとう)
→「糖」なので甘いのですね。

●問99
タンパク質は、消化されて最終的に何という物質になって吸収されるか。

(答)アミノ酸(あみのさん)
→「網野さん」ではありません。。。

●問100
すい液のリパーゼという消化酵素のはたらきで脂肪が消化されてできる2種類の物質は何と何か。

(答)脂肪酸(しぼうさん)、モノグリセリド
→「モノ」は「1つ」を意味しますね。

●問101
麦芽糖などの検出に用いられ、麦芽糖などをふくむ溶液とともに熱すると、赤褐色の沈殿が生じる試薬は何か。

(答)ベネジクト液
→「沈殿(ちんでん)」とは、溶けないでにごった状態ですね。

●問102
消化された栄養分が吸収される器官は何か。

(答)小腸(しょうちょう)
→ながーい小腸でじっくり吸収!

●問103
小腸の内側のひだに無数にあり、消化された栄養分を効率よく吸収するはたらきをする小さな突起を何というか。

(答)柔毛(じゅうもう)
→「柔(やわ)」らかい「毛」ですね。

●問104
ブドウ糖とアミノ酸は、柔毛の中の毛細血管とリンパ管のどちらに入るか。

(答)毛細血管(もうさいけっかん)
→網のように張りめぐらされていますね。

●問105
脂肪酸とモノグリセリドは、柔毛に吸収されて再び脂肪となったあと、柔毛の中の毛細血管とリンパ管のどちらに入るか。

(答)リンパ管(りんぱかん)
→少し太めの管です。

●問106
小腸で吸収されたブドウ糖とアミノ酸が、血管を通ってはじめに運ばれる器官は何か。

(答)肝臓(かんぞう)
→栄養たっぷりのものが運ばれて行きますね。

●問107
消化のはたらきはほとんどなく、小腸で吸収されなかった水分を吸収する器官は何か。

(答)大腸(だいちょう)
→小腸の周りにある、小腸よりも短めですね。

 

排出(中2メイン)

●問108
ヒトの体内にできたアンモニアは、からだをつくっている何という物質が分解されてできたものか。

(答)タンパク質
→三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)の1つですね。

●問109
ヒトの体内にできたアンモニアは、最終的に何という物質に変えられて排出されるか。

(答)尿素(にょうそ)
→尿の中に含まれています。

●問110
ヒトのからだの中で、有害なアンモニアを毒性の弱い物質につくり変える器官は何か。

(答)肝臓(かんぞう)
→アンモニアという毒に立ち向かっている肝臓・・・がんばってますね!

●問111
尿素などの不要な物質を血液中からこしとるはたらきをもつ、ソラマメのような形をした器官を何というか。

(答)じん臓(じんぞう)
→尿素を尿に仕上げますね。

●問112
血液中からこしとられた尿素などの不要な物質が、尿として体外に排出されるまでに一時的にためられる器官を何というか。

(答)ぼうこう
→結構ためられます。でも無理しないように。

●問113
血液中の塩分や水分の量を調節して一定に保つはたらきをする器官を何というか。

(答)じん臓(じんぞう)
→血液の濃度を一定にするってことだね。

 

動物の行動とからだのつくり(中2メイン)

●問114
シマウマやヒツジなど、植物を食物にしている動物を何というか。

(答)草食動物(そうしょくどうぶつ)
→「草」を「食」べるので、そのままですね。

●問115
ライオンやヒョウなど、動物を食物にしている動物を何というか。

(答)肉食動物(にくしょくどうぶつ)
→「肉」を「食」べるので、そのままですね。

●問116
草食動物で大きく発達していて、草をすりつぶすのに適している歯を何というか。

(答)臼歯(きゅうし)
→人間では奥歯のようなものですね。

●問117
肉食動物で大きく発達していて、えものをとらえたり、肉を引きさくのに適している歯を何というか。

(答)犬歯(けんし)
→「犬」の「歯」と書くように、犬にもキバのように発達してますよね。

●問118
広い範囲を見わたせるように、目が横向きについているのは、草食動物と肉食動物のどちらか。

(答)草食動物(そうしょくどうぶつ)
→敵を広範囲から見つけて、自分の身を守るためですね。

●問119
体長に対する消化管の長さの割合が大きいのは、草食動物と肉食動物のどちらか。

(答)草食動物(そうしょくどうぶつ)
→草の方が肉よりも消化しにくく時間がかかるので。

 

運動のしくみ・刺激と反応(中2メイン)

●問120
ヒトのうでなどで、骨と骨がつながった部分を何というか。

(答)関節(かんせつ)
→関節のおかげでうでを曲げられるんですね。

●問121
筋肉の両端部分にあり、骨につながっているじょうぶなつくりを何というか。

(答)けん
→「アキレス腱(けん)」とか言いますよね。

●問122
うでを曲げたとき、うでを曲げる側の筋肉はゆるんでいるか、縮んでいるか。

(答)縮んでいる(ちぢんでいる)
→実際にやってみよう。ぎゅって縮むよね。

●問123
目のように、まわりのようすを刺激として受けとる器官を何というか。

(答)感覚器官(かんかくきかん)
→感覚器官はその他に、耳・鼻・舌・皮膚などもありますね。

●問124
目のつくりで、光の刺激を受けとる細胞があり、像が結ばれるところを何というか。

(答)網膜(もうまく)
→いわゆる目玉の奥側にある膜ですね。

●問125
目のつくりで、明るさによってひとみの大きさを変え、レンズに入る光の量を調節している部分を何というか。

(答)虹彩(こうさい)
→「虹」というくらいなので、明るさ調整ですね。

●問126
耳のつくりで、音の刺激をはじめに受けとる部分を何というか。

(答)鼓膜(こまく)
→破れやすいので気を付けてね。

●問127
耳のつくりで、内部が液体で満たされ、音の振動を刺激として受けとる管を何というか。

(答)うずまき管(うずまきかん)
→音は、「鼓膜」→「耳小骨(じしょうこつ)」→「うずまき菅」→「聴神経」へと伝わります。

●問128
神経系において、脳とせきずいを何というか。

(答)中枢神経(ちゅうすうしんけい)
→ど真ん中の1本の太い神経ですね。

●問129
脳やせきずいから出て細かく枝分かれし、からだのすみずみまでいきわたっている神経を何というか。

(答)末しょう神経(まっしょうしんけい)
→中枢神経の枝の部分ですね。

●問130
感覚器官からの信号を脳やせきずいに伝える神経を何というか。

(答)感覚神経(かんかくしんけい)
感覚器官から伝える神経なので感覚神経

●問131
脳やせきずいからの信号を筋肉へ伝える神経を何というか。

(答)運動神経(うんどうしんけい)
運動する部分への伝達神経なので、運動神経

●問132
刺激に対して、無意識に起こる反応を何というか。

(答)反射(はんしゃ)
→「反射神経が良い」とか言いますよね。

 

動物のなかま分け(中2メイン)

●問133
背骨のある動物を何というか。

(答)セキツイ動物
→「セキズイ」ではないので注意。

●問134
背骨のない動物を何というか。

(答)無セキツイ動物
→「無」をつけただけですね。

●問135
セキツイ動物のうち、水中で生活し、一生えらで呼吸する動物のなかまを何というか。

(答)魚類(ぎょるい)
→人類の祖先ですね。。。

●問136
セキツイ動物のうち、子のときはえらで呼吸し、成長すると肺と皮膚で呼吸する動物のなかまを何というか。

(答)両生類(りょうせいるい)
→魚類からの進化ですね。

●問137
セキツイ動物のうち、からだはかたいこうらやうろこでおおわれていて、殻(から)のある卵を陸上にうむ動物のなかまを何というか。

(答)ハチュウ類(はちゅうるい)
→「ハイチュウ」類ではありません。。。

●問138
セキツイ動物のうち、からだは羽毛でおおわれていて、殻(から)のある卵を陸上にうみ、肺で呼吸する動物のなかまを何というか。

(答)鳥類(ちょうるい)
→飛ばない鳥もいますね。。。

●問139
セキツイ動物のうち、からだはふつう毛でおおわれ、子をうみ、親の乳で子を育てる動物のなかまを何というか。

(答)ホニュウ類
→人間が含まれますね。

●問140
卵をうみ、卵から子がかえるというなかまのふやし方を何というか。

(答)卵生(らんせい)
→「からまれる」ので卵生。

●問141
子が母体内である程度まで育ってからうまれるというなかまのふやし方を何というか。

(答)胎生(たいせい)
→ホニュウ類はこれですね。

●問142
まわりの温度が変わっても体温を一定に保つことができる動物を何というか。

(答)恒温動物(こうおんどうぶつ)
→「恒」は「いつも変わらない」ことを意味しますね。

●問143
まわりの温度が変わるにつれて体温も変化する動物を何というか。

(答)変温動物(へんおんどうぶつ)
→体わるので変温ですね。

●問144
無セキツイ動物のうち、外骨格をもち、からだやあしに節のある動物を何というか。

(答)節足動物(せっそくどうぶつ)
のあるなので節足動物。

●問145
無セキツイ動物のうち、外骨格もない骨格ももたないアサリ、マイマイ、タコ、イカのなかまを何というか。

(答)軟体動物(なんたいどうぶつ)
→「軟」は「柔軟(じゅうなん)」のように「やわらかい」意味。骨がないのでやわらかい体なんですね。

 

生物の歴史(中2メイン)

●問146
現在の形やはたらきは異なるが、もとは同じ器官であったと考えられるものを何というか。

(答)相同器官(そうどうきかん)
→鳥のつばさと人間の手などは相同器官ですね。

●問147
生物が、長い時間をかけて世代を重ねる間にさまざまななかまに分かれて変化することを何というか。

(答)進化(しんか)
→人も日々、進化したいものですねえ。。。

 

細胞の分裂(中3メイン)

●問148
1つの細胞が2つの細胞に分かれることを何というか。

(答)細胞分裂(さいぼうぶんれつ)
細胞分裂するので、そのままですね。

●問149
細胞分裂を観察するとき、タマネギの根のもとの部分と根の先端部分のどちらがよいか。

(答)根の先端部分(ねのせんたんぶぶん)
→こちらのほうが、細胞分裂を盛んにおこなっているので。

●問150
細胞分裂を観察するために、1つ1つの細胞をはなれやすくするための処理に使う液体は何か。

(答)塩酸(えんさん)
→細胞壁をなくす働きがありますので、バラバラになりやすくなります。

●問151
細胞分裂を観察するとき、核を染めるのに用いる染色液は何か。

(答)酢酸(さくさん)カーミン液 (酢酸(さくさん)オルセイン液)
→どちらの液でも染まります。

●問152
細胞分裂がはじまったときに核の中に現れるひものようなものを何というか。

(答)染色体(せんしょくたい)
→人間は染色体が46本ありますね。

●問153
生物のからだが成長するのは、細胞分裂によって細胞の数がふえることと、分かれたあとの細胞がどうなることによるか。

(答)大きくなること
→「増えて」それが「大きくなる」ことで、生物が伸びていくんですね。

●問154
細胞分裂を行う前に、各染色体と同じものがつくられることによって染色体の数が2倍になることを何というか。

(答)複製(ふくせい)
→一時的に染色体が2倍になりますが、また2つに分裂するので、結局もとの数に戻ります。

 

生物のふえ方(中3メイン)

●問155
生物が、自分と同じ種類の子孫をつくるはたらきを何というか。

(答)生殖(せいしょく)
→「殖(ふ)やす」ですね。

●問156
多くの動物や植物のふえ方で、雌と雄がかかわって子孫を残していくことを何というか。

(答)有性生殖(ゆうせいせいしょく)
→「別がる」ので有性ね。

●問157
植物の花粉の中にできる生殖細胞を何というか。

(答)精細胞(せいさいぼう)
→動物では「精子(せいし)」にあたるものですね。

●問158
親のからだの一部が分かれたり、分裂して子孫を残していくふえ方を何というか。

(答)無性生殖(むせいせいしょく)
→「別がい」ので無性ね。

●問159
植物の卵細胞の核と精細胞の核が合体すること、または、動物の卵の核と精子の核が合体することを何というか。

(答)受精(じゅせい)
→「細胞か子をけ取る」ので受精

●問160
1個の受精卵が細胞分裂をくり返して、生物のからだができていく過程を何というか。

(答)発生(はっせい)
→成長の「過程」をこのように呼ぶんだね。

●問161
受精卵が細胞分裂を始めてからからだが完成するまでの間のものを何というか。

(答)胚(はい)
→生物の呼び方のことです。

●問162
卵や精子などの生殖細胞をつくるときに、染色体の数が半分になるような特別な細胞分裂を何というか。

(答)減数分裂(げんすうぶんれつ)
→染色体のるので「減数分裂」ね。

●問163
被子植物で、受粉が行われたあと、花粉から胚珠に向かってのびていくものを何というか。

(答)花粉管(かふんかん)
→この花粉管の中を精細胞が通って、胚珠に向かって行くんですね。

●問164
動物の器官で、卵がつくられるところを何というか。

(答)卵巣(らんそう)
で「卵巣」ですね。

●問165
動物の器官で、精子がつくられるところを何というか。

(答)精巣(せいそう)
子ので「精巣」ですね。

●問166
植物の胚珠の中にできる生殖細胞を何というか。

(答)卵細胞(らんさいぼう)
→動物で言う「卵(らん)」に当たりますね。

●問167
動物の卵巣でつくられる生殖細胞を何というか。

(答)卵(らん)
で作られるのでね。

●問168
動物の精巣でつくられる生殖細胞を何というか。

(答)精子(せいし)
子ので作られるので精子ね。

●問169
子の形質が親とまったく同じになるのは、無性生殖、有性生殖のどちらか。


(答)無性生殖(むせいせいしょく)
→男性・女性が関わり無くふえるので、親とまったく同じ子ができます。

●問170
精細胞の核と卵細胞の核が合体することによってできるものを何というか。

(答)受精卵(じゅせいらん)
→この合体することを「受精」と言い、できるのが「受精卵」

 

遺伝の規則性と遺伝子(中3メイン)

●問171
自家受粉をくり返しても、代々親と同じ形質が現れる系統を何というか。

(答)純系(じゅんけい)
→「自家受粉」とは、その植物(1つ)だけで受粉することだね。

●問172
生物がもつ形や性質の特徴を何というか。

(答)形質(けいしつ)
や性なので「形質」ね。

●問173
親のもつ特徴が子に受けつがれることを何というか。

(答)遺伝(いでん)
→みんな親から遺伝しているのですね。

●問174
核の中の染色体にあり、形質を伝えるもとのなるものを何というか。

(答)遺伝子(いでんし)
遺伝する情報が入っているので「遺伝子」。

●問175「核→染色体→遺伝子」の順に小さくなっていくよ。 
エンドウの種子の形の丸やしわの形質のように、1つの個体にどちらか一方しか現れない形質どうしを何というか。

(答)対立形質(たいりつけいしつ)
→対立している感じですね。

●問176
子に現れない潜性形質(せんせいけいしつ)に対して、子に現れる形質を何というか。

(答)顕性形質(けんせいけいしつ)
→「顕」は「現れる」意味で、「潜」は「かくれる」意味ですね。

●問177
対になっている遺伝子が、減数分裂によって、分かれて1つずつ別々の生殖細胞に入るという法則を何というか。

(答)分離の法則(ぶんりのほうそく)
→2つの遺伝子が1つずつに「分離」するので「分離の法則」。

●問178
ヒトのからだの細胞の染色体の数は46本である。ヒトの卵と精子は、それぞれ何本の染色体をもっているか。

(答)卵(らん)…23本、精子(せいし)…23本
→卵(23本)+精子(23本)=受精卵(46本)だね。

●問179
Aを顕性の遺伝子、aを潜性の遺伝子とする。Aaの個体とAaの個体をかけ合せると、潜性形質の個体はできるか。

(答)できる
→「Aa×Aa=AA, Aa, Aa, aa」となります。数学の分配法則の計算方法ですね。
潜性形質は「aa」のみです。他は顕性形質ですね。 

●問180
遺伝子の本体は何という物質か。

(答)DNA(ディーエヌエー)(デオキシリボ核酸)
→「核→染色体→遺伝子→DNA」の順に小さくなっていくイメージです。 

 

自然界のつり合い(中3メイン)

●問181
ある環境で生きている生物と、生物どうしやその環境との関連性を1つのまとまりとみたものを何というか。

(答)生態系(せいたいけい)
→「生態」とは「生物が自然界に生活しているありさま」ですね。

●問182
生物どうしの「食べる・食べられる」という関係によるつながりを何というか。

(答)食物連鎖(しょくもつれんさ)
→「食物」の「連鎖」ですね。

●問183
光合成で有機物をつくる植物は、生物どうしのつながりにおいて何とよばれているか。

(答)生産者(せいさんしゃ)
→「有機物」とは炭素を含む物質のことで、光合成ではデンプンなどのことだね。

●問184
植物がつくり出した有機物を食べる動物は、生物どうしのつながりにおいて何とよばれているか。

(答)消費者(しょうひしゃ)
→生産者以外は消費者と言えますね。

●問185
「食べる・食べられる」という関係が複雑に入り組み、網目状になっているものを何というか。

(答)食物網(しょくもつもう)
目状(あみめじょう)なので、「食物網」。

●問186
ある地域での生物の数量関係をピラミッドで表したとき、ピラミッドの底面にくるのはどのような生物か。

(答)植物(生産者) (しょくぶつ(せいさんしゃ))
→植物のみが生産者だね。

●問187
Aを生産者とするA→B→Cの食物連鎖において、Bの生物が急に減ると、Aの生物の数量は一時的にどう変化するか。

(答)ふえる
→AはBに食べられていたので、Bが減るとAは食べられにくくなるよね。

●問188
カビやキノコのなかまを何というか。

(答)菌類(きんるい)
→キノコは普通に食べてますよね。

●問189
乳酸菌や大腸菌のなかまを何というか。

(答)細菌類(さいきんるい)
→「かい菌類」ということですね。

●問190
有機物を無機物に分解するはたらきをしている菌類・細菌類などは、生物どうしのつながりにおいて何とよばれているのか。

(答)分解者(ぶんかいしゃ)
→「分解」しているので「分解者」。

●問191
地球上の生物が利用している大気中の酸素は、生物の何というはたらきでつくられているのか。

(答)光合成(こうごうせい)
→二酸化炭素を吸収し、酸素を出しますね。

●問192
生物が、酸素をとり入れて二酸化炭素を放出するはたらきを何というか。

(答)呼吸(こきゅう)
→人間も呼吸してますね。

●問193
菌類や細菌類など、肉眼では見ることができない小さな生物を総称して何というか。

(答)微生物(びせいぶつ)
→「微」は「小さい」意味だね。

 

自然環境と人間(中3メイン)

●問194
サワガニ、アメリカザリガニ、ミズムシ、ヤマトシジミのうち、たいへんきたない水にすむ生物はどれか。

(答)アメリカザリガニ
→泥などが混じったような所にも見かけますね。

●問195
マツの葉の気孔のようすを調べると、交通量の多いところほどよごれが多いが、このよごれは何によるものと考えられるか。

(答)排気ガス(はいきがす)
→車から出る排気ガスですね。

●問196
他の地域からもちこまれて野生化し、その地域で子孫を残すようになった生物を何というか。

(答)外来種(がいらいしゅ)(外来生物)
から生物ですね。

 

高校入試 理科 一問一答 ~化学分野~

身のまわりの物質の性質(中1メイン)

●問1
砂糖やデンプンのように、こげて炭ができたり、燃えて二酸化炭素が発生する物質を何というか。

(答)有機物(ゆうきぶつ)
→ある物質を含むものです。次の問題にて。

●問2
有機物は何という原子をふくんでいるか。

(答)炭素(たんそ)
→炭素を含む物質を有機物と言うんですね。

●問3
食塩や金属のように、炭素をふくんでいない物質を何というか。

(答)無機物(むきぶつ)
→有機物の逆ですね。

●問4
ポリエチレンやポリスチレンのように、石油などを原料にしてつくった有機物を何というか。

(答)プラスチック
→現代では削減されつつありますね。

●問5
電気や熱をよく通し、みがくと光沢が出て、たたくとうすく広がる物質を何というか。

(答)金属(きんぞく)
→鉄を思い浮かべるといいかな。

●問6
金属以外の物質を何というか。

(答)非金属(ひきんぞく)
→「非」は「~ではない」という意味ですね。

●問7
銅、鉄、アルミニウム、亜鉛のうち、磁石につく物質はどれか。

(答)鉄(てつ)
→すべての金属が磁石につくのではないのですね。

●問8
つくられている材料に注目したときの「もの」のことを何というか。

(答)物質(ぶっしつ)
→「何でできているか」に注目です。

●問9
食塩、砂糖、デンプンのうち、水にとけない物質はどれか。

(答)デンプン
→水に溶けないのでにごりますね。

●問10
食塩、砂糖、デンプンのうち、加熱しても変化しない物質はどれか。

(答)食塩(しょくえん)
→砂糖とデンプンは黒くなりますね。

●問11
上皿てんびんや電子てんびんではかることのできる、物質そのものの量を何というか。

(答)質量(しつりょう)
→質量は地球でも月でも同じ値となりますね。

●問12
物質の質量[g]÷物質の体積[㎤]の式で求められるものを、物質の何というか。

(答)密度(みつど)
→1㎤が何gかってことだね。

●問13
密度が水より小さい物質は、水に浮くか、沈むか。

(答)浮く(うく)
→密度が小さいってことは、軽いってことだね。だから浮くね。

●問14
同じ質量で、体積が大きい物質ほど密度はどうなっているか。

(答)小さくなっている。
→「密度」
は「こみぐあい」のことだからね。

 

実験器具の基礎操作(中1メイン)

●問15
ガスバーナーにある2つのねじのうち、上のほうにあるねじを何というか。

(答)空気調節ねじ(くうきちょうせつねじ)
→上:空気調節ねじ、下:ガス調節ねじ 「ガスが下」です。

●問16
ガスバーナーに火をつけるとき、ガス調節ねじを開くのと、マッチに火をつけるのとでは、どちらが先か。

(答)マッチに火をつける。
→火がちゃんとついたのを確認してからですね。。。

●問17
ガスバーナーの炎が赤いのは、ガスの量、空気の量のどちらが不足しているからか。

(答)空気の量(くうきのりょう)
→空気を多くして青い炎にするんだね。

●問18
ガスバーナーの火を消すときは、元栓、ガス調節ねじ、空気調節ねじをどのような順に閉めるか。

(答)空気調節ねじ、ガス調節ねじ、元栓(もとせん)
→ガスバーナーをつけるときの逆の順ですね。

●問19
メスシリンダーの目盛りを読むとき、1目盛りの何分のいくつまでを目分量で読み取るか。

(答)10分の1(じゅうぶんのいち)
→がんばって目で見る!

 

気体の性質(中1メイン)

●問20
二酸化マンガンにうすい過酸化水素水(オキシドール)を加えると発生する気体は何か。

(答)酸素(さんそ)
→ゴロ合わせ「山荘(さんそ)で兄さんマンガ(二酸化マンガン)折る(オキシドール)」

●問21
石灰石や貝がらにうすい塩酸を加えると発生する気体は何か。

(答)二酸化炭素(にさんかたんそ)
→ゴロ合わせ「兄さん短足(二酸化炭素)、ええ(塩酸)おせっかい(石灰石)」

●問22
亜鉛や鉄などの金属にうすい塩酸やうすい硫酸などを加えると発生する気体は何か。

(答)水素(すいそ)
→ゴロ合わせ「水そう(水素)に、(金属)さん(酸性物質)」

●問23
塩化アンモニウムと水酸化カルシウムを混ぜたものを熱すると発生する気体は何か。

(答)アンモニア
→ゴロ合わせ「あんまりや(アンモニア)、スイカ(水酸化カルシウム)塩合う(塩化アンモニウム)!」

●問24
水にとけにくい気体を水と置きかえて集める方法を何というか。

(答)水上置換法(すいじょうちかんほう)
→純粋な物質を集めやすいので、できるだけこの方法を使います。水に溶けてしまうと集まらないので、溶けにくい物質のみ集めれます。

●問25
水にとけやすく、空気より軽い(空気より密度が小さい)気体を集める方法を何というか。

(答)上方置換法(じょうほうちかんほう)
→空気より軽いので上に上がっていきますね。

●問26
水にとけやすく、空気より重い(空気より密度が大きい)気体を集める方法を何というか。

(答)下方置換法(かほうちかんほう)
→空気より重いので下に降りていきますね。

●問27
酸素、水素、二酸化炭素、アンモニア、窒素の中で、鼻をさすような強いにおいをもつ気体はどれか。

(答)アンモニア
→くさいです。。。

●問28
酸素、水素、二酸化炭素、アンモニア、窒素の中で、物質を燃やすはたらきがある気体はどれか。

(答)酸素(さんそ)
→酸素がないと物は燃えません。

●問29
酸素、水素、二酸化炭素、アンモニア、窒素の中で、もっとも軽い(もっとも密度が小さい)気体はどれか。

(答)水素(すいそ)
→1番軽い気体です。

●問30
酸素、水素、二酸化炭素、アンモニア、窒素の中で、もっとも水にとけやすい気体はどれか。

(答)アンモニア
→かなり溶けやすいです。

●問31
二酸化炭素が水にとけてできた水溶液を何というか。また、この水溶液が示す性質は、酸性、アルカリ性、中性のどれか。

(答)炭酸水(たんさんすい)、酸性(さんせい)
→「~酸」と言う名前のものは酸性ですね。

●問32
アンモニア水にフェノールフタレイン溶液を加えると何色になるか。

(答)赤色(あかいろ)
→フェノールフタレイン溶液はアルカリ性のものには赤色になりますね。

●問33
空気中に約78%ふくまれている気体と約21%ふくまれている気体はそれぞれ何か。

(答)約78%…窒素(ちっそ)、約21%…酸素(さんそ)
→窒素が8割、酸素が2割ですね。

●問34
黄緑色をした刺激臭のある有毒な気体で、水にとけやすく、殺菌作用や漂白作用がある気体は何か。

(答)塩素(えんそ)
→プールの消毒剤に使用されていますね。

●問35
無色で刺激臭のある有毒な気体で、ひじょうに水にとけやすく、この気体が水にとけたものが塩酸である。この気体は何か。

(答)塩化水素(えんかすいそ)
→「塩酸」とは「塩化水素」を水に溶かしたものなんですね。

●問36
無色で刺激臭のある有毒な気体で、水にとけやすく、硫酸の原料や、酸性雨の原因となる物質の1つである気体は何か。

(答)二酸化硫黄(にさんかいおう)
→酸性の物質ですね。

●問37
無色で温泉のような特有のにおい(腐卵臭)のする有毒な気体で、硫化鉄に塩酸を加えたときに発生する気体は何か。

(答)硫化水素(りゅうかすいそ)
→「腐卵臭(ふらんしゅう)」とは卵がくさったようなにおいです。きついですね。

 

物質の状態変化(中1メイン)

●問38
物質が温度によって固体⇔液体⇔気体と変化することを何というか。

(答)状態変化(じょうたいへんか)
状態変化するので「状態変化」。

●問39
ドライアイスを部屋に放置したとき、どのような状態変化をするか。

(答)固体→気体(こたい→きたい)
→ドライアイスは二酸化炭素の固体の状態です。液体を飛び越えて一気に気体になるね。

●問40
物質が状態変化するとき、変化するのは体積と質量のどちらか。

(答)体積(たいせき)
→大きさのみが変わるんだね。

●問41
いっぱんに、固体→液体→気体と変化するとき、体積はどう変化するか。

(答)大きくなる。
→質量は変わりませんね。

●問42
水が固体→液体と変化するとき、体積はどう変化するか。

(答)小さくなる。
→他の物質は大きくなるけど、水だけは小さくなるんですよね。

●問43
固体→液体の変化と液体→気体の変化のうち、いっぱんに体積の変化が大きいのはどちらか。

(答)液体→気体(えきたい→きたい)
→こっちの方がかなり大きくなりますね。

●問44
物質の粒子が規則正しく並び、ほとんどその場にとどまっている状態を何というか。

(答)固体(こたい)
→ガチっと固まった状態ですね。

●問45
物質の粒子が空間を自由に飛び回っている状態を何というか。

(答)気体(きたい)
→飛び回っているので、体積が大きいのですね。

●問46
ロウがとけたもののように、物質の粒子の運動が活発になって、粒子が動きまわる状態を何というか。

(答)液体(えきたい)
→気体ほどではないですが、動き回れますね。

●問47
固体がとけて液体になるときの温度を何というか。

(答)融点(ゆうてん)
→「融」は「溶ける」意味ですね。

●問48
液体が沸騰して気体になるときの温度を何というか。

(答)沸点(ふってん)
→「沸」は「沸騰」の意味ですね。

●問49
純粋な物質では、固体→液体の変化や液体→気体の変化をしている間、温度はどうなっているか。

(答)変わらない(一定のまま)
→変化中は、その変化に熱を使用するので、物質の温度は変わりませんね。

●問50
水の融点と沸点はそれぞれ何℃か。

(答)融点(ゆうてん)…0℃、沸点(ふってん)…100℃
→つまり、「氷→水」は0℃、「水→水蒸気」は100℃で変わります。

●問51
融点と沸点の間の温度では、物質は何という状態にあるか。

(答)液体(えきたい)
→ 個体→液体になるときの温度が融点、液体→気体になるときの温度が沸点。

●問52
液体が、沸点より低い温度で気体に変化する現象を何というか。

(答)蒸発(じょうはつ)
→以外に知られていませんよね。。。

●問53
1種類の物質のみからできている物質を何というか。

(答)純粋な物質(じゅんすいなぶっしつ)(純物質(じゅんぶっしつ))
→そのままです。

●問54
いくつかの物質が混ざり合ったものを何というか。

(答)混合物(こんごうぶつ)
ざりっている物質なので「混合物」。

●問55
液体を沸騰させ、出てきた気体を冷やして再び液体として集める方法を何というか。

(答)蒸留(じょうりゅう)
→純粋な物質を集められますね。

●問56
蒸留は2つの液体の何のちがいを利用して物質を分離する方法か。

(答)沸点(ふってん)
→例えば、エタノール(沸点78度)と水(沸点100度)を分離するなどですね。

 

水溶液の性質(中1メイン)

●問57
砂糖水の砂糖のように、溶液にとけている物質を何というか。

(答)溶質(ようしつ)
液にとけている物なので「溶質」。

●問58
砂糖水の水のように、溶質(砂糖)をとかしている液体を何というか。

(答)溶媒(ようばい)
→「媒」の字もがんばって漢字で書こう。

●問59
溶質が溶媒にとけた液全体を何というか。

(答)溶液(ようえき)
→「溶液=溶質+溶媒」ですね。

●問60
溶媒が水の溶液を特に何というか。

(答)水溶液(すいようえき)
溶液なので「水溶液

●問61
液体と固体をろ紙を用いて分離する方法を何というか。

(答)ろ過(ろか)
→液体はろ紙を通過し、個体はろ紙を通過せず、紙の上に残りますね。

●問62
物質が水に限度までとけている状態の水溶液を何というか。

(答)飽和水溶液(ほうわすいようえき)
→「飽和」=「最大限まで満たされた状態」ということですね。

●問63
一定量(ふつう100g)の水にとける物質の限度の量を何というか。

(答)溶解度(ようかいど)
→「溶解」=「溶けること」です。

●問64
水溶液の温度を下げたり、水溶液の水を蒸発させて出てきた、いくつかの平面で囲まれた規則正しい形をした固体を何というか。

(答)結晶(けっしょう)
→サイコロの形などもありますね。

●問65
いったん水にとかした固体の物質を、再び結晶としてとり出すことを何というか。

(答)再結晶(さいけっしょう)
結晶として取り出すので、「再結晶」。

●問66
溶質の質量[g]÷溶液の質量[g]×100の式で表されるものを何というか。

(答)質量パーセント濃度(しつりょうぱーせんとのうど)
→「全体の中に、どれだけ溶けているものが入っているのか」ということですね。

 

分解(中2メイン)

●問67
炭酸水素ナトリウムを加熱したとき、発生する液体と気体は何か。

(答)水、二酸化炭素(みず、にさんかたんそ)
→「素ナトリウム」なので、炭:二酸化炭素、水:水、と覚えればいいね。

●問68
炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムで、水によくとけ、水溶液が強いアルカリ性を示すのはどちらか。

(答)炭酸ナトリウム(たんさんなとりうむ)
→「炭酸水素ナトリウム」は弱いアルカリ性ですね。

●問69
青色の塩化コバルト紙に水をつけると何色になるか。

(答)赤(桃)色(あか(もも)いろ)
→「塩化コバルト紙」は水がつくと、赤くなりますね。

●問70
1種類の物質が2種類以上の物質に分かれる変化を何というか。

(答)分解(ぶんかい)
→そのままの言葉です。

●問71
分解のように、もとの物質とは別の物質ができる変化を何というか。

(答)化学変化(化学反応)(かがくへんか(かがくはんのう))
→こちらもそのままの言葉です。

●問72
酸化銀を加熱したとき、発生する気体とあとに残る固体は何か。

(答)酸素、銀(さんそ、ぎん)
→酸化銀の分解です。

●問73
酸化銀を加熱すると、何色から何色に変化するか。

(答)黒色から白(灰)色
→酸化するとだいたい黒色ですね。銀は白です。

●問74
電流を流して物質を分解することを何というか。

(答)電気分解(でんきぶんかい)
電気分解です。

●問75
水の電気分解で、水に少量とかす物質は何か。

(答)水酸化ナトリウム(すいさんかなとりうむ)
→水そのものは電気を通しにくいので、電気を通しやすくするのですね。

●問76
水の電気分解で、陽極と陰極に発生する気体はそれぞれ何か。

(答)陽極…酸素、陰極…水素(ようきょく…さんそ、いんきょく…すいそ)
→水素は酸素の2倍発生しますね。

 

物質の成り立ち(中2メイン)

●問77
化学変化によってはそれ以上分割できない、物質をつくる最小の粒子を何というか。

(答)原子(げんし)
→すべてはこれでできていますね。

●問78
ロシアのメンデレーエフが、性質の似たものが周期的に現れることをもとにつくった表を何というか。

(答)周期表(しゅうきひょう)
周期的に似たものが現われるなので「周期表」。

●問79
物質の性質を表すいちばん小さい粒子で、いくつかの原子がむすびついてできているものを何というか。

(答)分子(ぶんし)
→分子になって初めてその物質の性質が現われますね。

●問80
酸素分子は、何という原子が何個結びついてできているか。

(答)酸素原子が2個(さんそげんしがにこ)
→酸素は2個結びつくんですね。

●問81
水分子は、何という原子が何個結びついてできているか。

(答)酸素原子が1個、水素原子が2個(さんそげんしが1こ、すいそげんしが2こ

→水はH₂Oですね。

●問82
H₂Oのように、物質を原子の記号と数字で表したものを何というか。

(答)化学式(かがくしき)
→そのままです。

●問83
酸素、銀、二酸化炭素、塩化ナトリウムのうち、分子をつくらないものはどれか。

(答)銀、塩化ナトリウム(ぎん、えんかなとりうむ)
→金属や塩化ナトリウムは分子を作らず、原子がきれいに並んでいるんですね。

●問84
1種類の原子だけでできている物質を何というか。

(答)単体(たんたい)
→「単」は1つの意味ですね。

●問85
もっとも質量が小さい原子は何か。

(答)水素原子(すいそげんし)
→世界中で一番軽い原子ってことですね。

●問86
原子の大きさは、原子の種類によって決まっているか、決まっていないか。

(答)決まっている。
→1つの原子に1つの大きさ。

●問87
原子の質量は、原子の種類に関係なくすべて同じか、異なるか。

(答)異なる(ことなる)
→原子が違えば質量も違いますね。

●問88
2種類以上の原子でできている物質を何というか。

(答)化合物(かごうぶつ)
化合している質なので「化合物

●問89
単体や化合物は、混合物に対して何といわれるか。

(答)純粋な物質(じゅんすいなぶっしつ、純物質(じゅんぶっしつ))
→混合物は化学式で書けないものですね。。。

●問90
酸素、砂糖水、空気、水、石油、銅、ロウ、塩化ナトリウムのうち、純粋な物質はどれか。

(答)酸素、水、銅、塩化ナトリウム(さんそ、みず、どう、えんかなとりうむ)
→混合物はいろんな物質が混じってるものです。

●問91
化学変化のようすを化学式を用いて表した式を何というか。

(答)化学反応式(かがくはんのうしき)
化学反応を起こすときのですね。

 

物質どうしの化学変化(中2メイン)

●問92
銅をガスバーナーで加熱すると、黒色の物質ができる。これは何か。

(答)酸化銅(さんかどう)
→加熱するってことは燃えるってこと。燃えるときに酸素が結びつくんだね。

●問93
木炭(炭素)が完全燃焼したとき、酸素と結びついてできる物質は何か。

(答)二酸化炭素(にさんかたんそ)
→炭素原子1個に酸素原子2個が結びつくね。

●問94
マグネシウムと酸素が結びついてできる白色の物質は何か。

(答)酸化マグネシウム(さんかまぐねしうむ)
→ほとんどの物質は酸化すると黒色になるけど、こちらは白!

●問95
スチールウール(鉄)が酸素と結びついてできる黒色の物質は何か。

(答)酸化鉄(さんかてつ)
→酸素と結びつくと、「酸化~」と言う名前になりやすい。

●問96
スチールウールを加熱してできた物質の質量は、もとのスチールウールの質量と比べてどうなっているか。

(答)大きくなっている。
→結びついた酸素の分だけ重くなるよね。

●問97
水素が酸素と結びついてできる物質は何か。

(答)
→ 2H₂+O₂→2H₂O ですね。

●問98
2種類以上の物質が結びついて別の新しい物質ができる化学変化を何というか。

(答)化合(かごう)
→「学物質がわせられる」のですね。

●問99
化合によってできた物質を何というか。

(答)化合物(かごうぶつ)
→「化合によってできた質」なので「化合物」。

●問100
物質が酸素と結びつく化学変化を何というか。

(答)酸化(さんか)
→「素と結びつく学変化」なので「酸化

●問101
物質が酸素と結びついてできた物質を何というか。

(答)酸化物(さんかぶつ)
→「酸化してできる質」なので「酸化物

●問102
木炭やマグネシウムが酸素と結びつくような変化では、激しく熱や光を出すが、このような化学変化を何というか。

(答)燃焼(ねんしょう)
→燃焼(燃えること)は酸化の一つなのですね。

●問103
有機物を燃やすと、二酸化炭素が発生することから、有機物は何という原子をふくんでいることがわかるか。

(答)炭素(たんそ)
→何かを燃焼(O₂がつく)すると二酸化炭素(CO₂)が出るってことは、その何かは炭素(C)だ。

●問104
鉄粉と硫黄の粉末を混ぜ合わせ、加熱したときにできる黒色の物質は何か。

(答)硫化鉄(りゅうかてつ)
→硫黄と合わさると「硫化~」。

●問105
鉄と硫黄の混合物と硫化鉄で、磁石に引きつけられるのはどちらか。

(答)鉄と硫黄(いおう)の混合物
→「鉄と硫黄の混合物」はまだ鉄が残っているので磁石に引きつけられるね。

●問106
鉄と硫黄の混合物と硫化鉄で、塩酸を加えるとにおいのある気体が発生するのはどちらか。

(答)硫化鉄(りゅうかてつ)
→卵のくさったようなにおいがします。。。

●問107
銅と硫黄が化合してできる物質は何か。

(答)硫化銅(りゅうかどう)
→これも「硫化~」ですね。

●問108
鉄が空気中でゆっくり酸化されてできるものを何というか。

(答)さび
→自転車とかさびますよね。。。

●問109
硫化鉄に塩酸を加えたときに発生する気体は何か。

(答)硫化水素(りゅうかすいそ)
→卵のくさったようなにおいがします。。。

 

化学反応式(中2メイン)

●問110
炭酸水素ナトリウムを加熱すると炭酸ナトリウムと水と二酸化炭素に分解する。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)2NaHCO₃→Na₂CO₃+CO₂+H₂O
→化学式はそれぞれ、後ろから読むと良いです。「CO₃」炭酸、「H」水素、「Na」ナトリウム。

●問111
酸化銀を加熱すると銀と酸素に分解する。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)2Ag₂O→4Ag+O₂
→「Ag」は銀、「O」は酸素ですね。酸素は2つ一緒になって存在します。

●問112
水を電気分解すると水素と酸素に分解する。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)2H₂O→2H₂+O₂
→「H₂O」は水、「H」は水素ですね。水素は2つ一緒になって存在します。

●問113
銅を空気中で加熱すると酸化銅ができる。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)2Cu+O₂→2CuO
→「Cu」は銅。加熱すると、空気中の酸素(O₂)と結びつきますね。

●問114
マグネシウムを空気中で加熱すると酸化マグネシウムができる。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)2Mg+O₂→2MgO
→「Mg」はマグネシウム。矢印(→)の左と右での原子の数をそろえてね。

●問115
炭素と酸素が化合すると二酸化炭素ができる。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)C+O₂→CO₂
→「C」は炭素。炭素原子は分子にならないので「C₂」にならないよ。

●問116
メタン(CH₄)を燃焼させると二酸化炭素と水ができる。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)CH₄+2O₂→CO₂+2H₂O
→「燃焼」も「加熱」のときと同じように、空気中の酸素(O₂)と結びつきますね。

●問117
鉄と硫黄が反応すると硫化鉄ができる。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)Fe+S→FeS
→「Fe」は鉄、「S」は硫黄。そのまま合体ですね。

●問118
銅と硫黄が反応すると硫化銅ができる。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)Cu+S→CuS
→「硫黄」と合体するので、「硫化~」と名前がつくんだね。

●問119
酸化物が酸素をうばわれる化学変化を何というか。

(答)還元(かんげん)
→「酸化」の反対が「還元」だね。「酸化」は酸素と結びつくこと。

●問120
酸化銅と炭素を混ぜて加熱すると、酸化銅が還元されて炭素が酸化される。この化学変化は化学反応式でどう表されるか。

(答)2CuO+C→2Cu+CO₂
→「酸化銅」は「銅」に、「炭素」は「二酸化炭素」になるね。

●問121
現在、鉄の精錬で行われている赤鉄鉱や磁鉄鉱からの鉄のとり出し方には、何という化学変化が利用されているか。
(答)還元(かんげん)
→酸化された鉄から酸素を取り除くのですね。

 

化学変化の規則性(中2メイン)

●問122
密閉容器内で塩酸に炭酸水素ナトリウムを加えたとき、反応後の全体の質量は反応前と比べてどうなっているか。

(答)変わらない(同じ)。
→密閉容器なので何も出入りしないからね。

●問123
化学変化の前後で物質全体の質量が変わらないという法則を何というか。

(答)質量保存の法則(しつりょうほぞんのほうそく)
→質量が保存されるってことですね。

●問124
ふたのない容器中で石灰石とうすい塩酸を混ぜ合わせたとき、反応後の質量は反応前の全体の質量と比べてどう変化するか。

(答)小さくなる。
→ふたのない容器だからね。

●問125
ふたのない容器中で石灰石とうすい塩酸を混ぜ合わせたとき、反応後の質量は反応前の全体の質量と比べて変化するのはなぜか。

(答)二酸化炭素が空気中へ出ていったから。
→「石灰石」と「うすい塩酸」で「二酸化炭素」が発生するよね。

●問126
横軸に銅の質量、縦軸に銅と化合した酸素の質量をとってグラフにすると原点を通る直線になる。このような関係を何というか。

(答)比例(の関係)
→数学で習ったかな。「一方が2倍、3倍…になると、もう一方も2倍、3倍…になる」ですね。

●問127
横軸に金属の質量、縦軸にその金属と酸素の化合物の質量をとってグラフにすると、どのようなグラフになるか。

(答)原点を通る直線(比例のグラフ)
→こちらも比例の関係です。

 

化学変化と熱の出入り(中2メイン)

●問128
熱エネルギーの発生をともなう化学変化を何というか。
(答)発熱反応(はつねつはんのう)
→「生する反応」なので「発熱反応」。

●問129
熱エネルギーの吸収をともなう化学変化を何というか。

(答)吸熱反応(きゅうねつはんのう)
→「収する反応」なので「吸熱反応」。

●問130
いっぱんに、化学変化によって出入りする熱を何というか。

(答)反応熱(はんのうねつ)
→化学反応するときのなので「反応熱

●問131
塩化アンモニウムと水酸化バリウムの混合物に水を加え、しばらくしてから温度をはかったとき、どのように変化しているか。

(答)下がっている。
→アンモニアが発生しますね。

 

水溶液とイオン(中3メイン)

●問132
水にとかしたとき、その水溶液に電流が流れる物質を何というか。

(答)電解質(でんかいしつ)
→「水にとかしたとき」というのがポイントですね。

●問133
水にとかしたとき、その水溶液に電流が流れない物質を何というか。

(答)非電解質(ひでんかいしつ)
→「電解質」に「非」(~でない)をつけたのですね。

●問134
塩酸の電気分解で、陰極と陽極に発生する気体はそれぞれ何か。

(答)陰極(いんきょく)…水素、陽極(ようきょく)…塩素
→塩酸は「HCl」なので、水素H₂、塩素Cl₂ に分解されますね。

●問135
塩酸の電気分解は、化学反応式でどう表されるか。

(答)2HCl→H₂+Cl₂
→矢印の左側と右側の原子の数が等しくなるようにね。

●問136
塩化銅水溶液を電気分解したとき、陰極に付着する物質は何か。

(答)銅(どう)
→「付着」とは「くっつく」ってことですね。

●問137
塩化銅水溶液を電気分解したとき、陽極で発生する気体は何か。

(答)塩素(えんそ)
→塩素といえば陽極で発生ですね。

●問138
塩化銅水溶液の電気分解は、化学反応式でどう表されるか。

(答)CuCl₂→Cu+Cl₂
→塩化銅水溶液は青色の透明な水溶液ですね。

●問139
原子の中心となっていて、+の電気を帯びたものを何というか。

(答)原子核(げんしかく)
原子なので「原子核

●問140
原子核のまわりを回っている-の電気を帯びたものを何というか。

(答)電子(でんし)
→これが電流の正体ですね。

●問141
原子核の中にある+の電気を帯びたものを何というか。

(答)陽子(ようし)
→「陽」は「+」っぽいですよね。

●問142
原子核の中にある電気を帯びていないものを何というか。

(答)中性子(ちゅうせいし)
→電気的に「中性」なのですね。

●問143
原子の種類は、原子核中の何の数によって決まるか。

(答)陽子(ようし)
→「陽子」は「ようこ」ではありません。。。

●問144
原子は全体として電気を帯びているか、帯びていないか。

(答)帯びていない。
→原子核は+の電気ですが、その周りを-の電気の電子があるので、+-打ち消し合います。

●問145
原子や原子の集まりが電子を受けとったり失ったりしてできた、電気を帯びた粒子を何というか。

(答)イオン
→スーパーではありません。。。

●問146
ナトリウム原子には陽子が11個ある。ナトリウム原子に電子は何個あるか。

(答)11個
→もともと、陽子と同じ数だけ電子があります。

●問147
電解質が水にとけて陽イオンと陰イオンに分かれることを何というか。

(答)電離(でんり)
解質がれるので「電離」だね。

●問148
原子や原子の集まりが電子を放出して電気を帯びたものを何というか。

(答)陽イオン(よういおん)
→電子(-)がなくなるので、陽子(+)の勢力が強くなるので。

●問149
原子や原子の集まりが電子を受けとって電気を帯びたものを何というか。

(答)陰イオン(いんいおん)
→電子(-)が増えるので、(-)の勢力が強くなるので。

●問150
カルシウム原子が電子を2個失ってできるイオンは、イオンの化学式でどう表されるか。

(答)Ca²⁺
電子(-)が2個なくなるので、(+)の勢力が2個強くなるってこと。

●問151
塩素原子が電子を1個受けとってできるイオンは、イオンの化学式でどう表されるか。

(答)Cl⁻
→電子(-)が1個増えるので、(-)の勢力が1個強くなるってこと。

●問152
塩化水素の電離は、イオンの化学式でどう表されるか。

(答)HCl→H⁺+Cl⁻
→塩化水素を水に溶かすと「塩酸」と呼ばれます。

●問153
塩化銅の電離は、イオンの化学式でどう表されるか。

(答)CuCl₂→Cu²⁺+2Cl⁻
→矢印の右側では、(+)が2個、(-)が2個 で電気的に中性となってますね。

 

化学変化とエネルギー(中3メイン)

●問154
電解質の水溶液の中に2種類の金属を入れて電気エネルギーをとり出すしくみを何というか。

(答)(化学)電池((かがく)でんち)
→たいそうな言い方ですが、いわゆる電池ですね。

●問155
うすい塩酸に銅板と亜鉛板を入れた電池において、-極になるのは銅板と亜鉛板のどちらか。

(答)亜鉛板(あえんばん)
→使う2種類の金属によって、どちらが-極になるか決まりますね。

●問156
うすい塩酸に銅板と亜鉛板を入れた電池において、銅板で気体が発生するときの変化は、電子を⊝とするとどう表されるか。

(答)2H⁺+⊝⊝→H₂
→水素イオンが電子を1個受け取って水素原子となり、それが2個集まって水素分子になるね。

●問157
水の電気分解とは逆の化学変化を利用する電池を何というか。

(答)燃料電池(ねんりょうでんち)
→つまり、水素と酸素を合わせて水ができる反応から電気を得るってことですね。

 

酸・アルカリとイオン(中3メイン)

●問158
水にとけたとき、その水溶液が酸性を示す物質を何というか。

(答)酸(さん)
→「酸(さん)」のグループってことですね。

●問159
水にとけたとき、その水溶液がアルカリ性を示す物質を何というか。

(答)アルカリ
→「アルカリ」のグループってことですね。

●問160
青色リトマス紙を赤色に変える水溶液の性質を何というか。

(答)酸性(さんせい)
→酸性はすっぱいものが多いので、「すっぱい→梅干し→赤い」 で覚えよう。

●問161
赤色リトマス紙を青色に変える水溶液の性質を何というか。

(答)アルカリ性
→酸性の反対ですね。

●問162
酸性の水溶液に緑色のBTB溶液を加えると、何色になるか。

(答)黄色
→「すっぱい(酸性)レモンの黄色」と覚えよう。

●問163
アルカリ性の水溶液に緑色のBTB溶液を加えると、何色になるか。

(答)青色
→根性で覚えよう。

●問164
リトマス紙やBTB溶液のように、色の変化によって水溶液の性質を調べられるものを何というか。

(答)指示薬(しじやく)
→何性かを指示してくれるのですね。

●問165
フェノールフタレイン溶液を加えると赤色になる水溶液は何性の性質をもつか。

(答)アルカリ性
→アルカリ性のみに反応して赤色になりますね。

●問166
マグネシウムリボンを入れたとき、マグネシウムがとけて水素が発生するのは、酸性、アルカリ性のどちらの水溶液か。

(答)酸性の水溶液(さんせいのすいようえき)
→金属+酸性で水素発生ですね。すべての金属ではありませんが。。。

●問167
酸性の水溶液とアルカリ性の水溶液は、どちらも電解質の水溶液か、非電解質の水溶液か。

(答)電解質の水溶液(でんかいしつのすいようえき)
→どちらも水溶液にすると電離しますね。

●問168
酸性もアルカリ性も示さない水溶液の性質は何性か。

(答)中性(ちゅうせい)
→中間の性質ですね。

●問169
食塩水、うすい塩酸、石灰水、炭酸水、アンモニア水のうち、酸性の水溶液はどれか。

(答)うすい塩酸、炭酸水(うすいえんさん、たんさんすい)
→「~酸」となっているものは酸性ですね。

●問170
レモンの汁、エタノール、石灰水、食酢のうち、アルカリ性の水溶液はどれか。

(答)石灰水(せっかいすい)
→これは二酸化炭素を白くにごらせるものでしたね。

●問171
酸性の水溶液に共通してふくまれるイオンの名称とイオンの化学式をそれぞれ答えなさい。

(答)水素イオン、H⁺
→これが含まれていれば酸性ですね。

●問172
アルカリ性の水溶液に共通してふくまれるイオンの名称とイオンの化学式をそれぞれ答えなさい。

(答)水酸化物イオン(すいさんかぶついおん)、OH⁻
→これが含まれていればアルカリ性ですね。

●問173
酸性やアルカリ性の強さの度合いを数値で表したものを何というか。

(答)pH(ピーエイチ)
→0~14までの数値で表されますね。

●問174
酸性を示す水溶液のpHの値は、中性のときと比べてどうなっているか。

(答)小さくなっている。
→7が中性で、7未満は酸性、7を越えるとアルカリ性ですね。

●問175
酸性の水溶液とアルカリ性の水溶液を混ぜ合わせたときに、それぞれの性質をたがいに打ち消し合う反応を何というか。

(答)中和(ちゅうわ)
→中性に近づきますね。

●問176
BTB溶液を入れた塩酸に水酸化ナトリウム水溶液を加えていった。この水溶液が中性になったとき、何色になるか。

(答)緑色(みどりいろ)
→BTB溶液・・・酸性は黄色、中性は緑色、アルカリ性は青色 ですね。

●問177
中和を表す式を、イオンの化学式、化学式を用いて表すとどうなるか。

(答)H⁺+OH⁻→H₂O
→中和・・・酸性の水溶液に含まれるH⁺とアルカリ性の水溶液に含まれるOH⁻を混ぜ合わせることですね。

●問178
中和は発熱反応か、吸熱反応か。

(答)発熱反応(はつねつはんのう)
→熱を発して熱くなりますね。

●問179
酸性の水溶液中の陰イオンとアルカリ性の水溶液中の陽イオンが結びついてできた物質を何というか。

(答)塩(えん)
→「塩(えん)」であって、「しお」とは読まないので注意。「塩(えん)」というグループ名だね。

●問180
塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜたときにできる塩(えん)は何か。

(答)塩化ナトリウム(食塩)(えんかなとりうむ(しょくえん))
→ Na⁺(ナトリウムイオン)+Cl⁻(塩化物イオン)→NaCl(塩化ナトリウム)です。

●問181
硫酸と水酸化バリウム水溶液を混ぜたときにできる白い固体の塩(えん)は何か。

(答)硫酸バリウム(りゅうさんばりうむ)
→ SO₄²⁻(硫酸イオン)+Ba²⁺(バリウムイオン)→BaSO₄(硫酸バリウム)です。

●問182
炭酸水と水酸化カルシウム水溶液を混ぜたときにできる塩(えん)は何か。

(答)炭酸カルシウム(たんさんかるしうむ)
→ CO₃²⁻(炭酸イオン)+Ca²⁺(カルシウムイオン)→CaCO₃(炭酸カルシウム)です。

 

高校入試 理科 一問一答 ~物理分野~

●問1
自ら光を出している物体を何というか。

(答)光源(こうげん)
(みなもと)で「光源」ですね。

●問2
光が、空気や水、ガラスなどの中をまっすぐ進むことを何というか。

(答)(光の)直進((ひかりの)ちょくしん)
→光はまっすぐに進むのですね。

●問3
光が物体に当たってはね返ることを何というか。

(答)(光の)反射((ひかりの)はんしゃ)
→自転車に「反射板」が付いてますよね。

●問4
光の反射で、入射角(にゅうしゃかく)と反射角(はんしゃかく)の関係は、=、<、>の記号を用いると、どのように表されるか。

(答)入射角(にゅうしゃかく)=反射角(はんしゃかく)
→入ってきた光の角度と反射して出ていく光の角度が同じってことですね。

●問5
鏡などに物体がうつって見えているとき、うつっているものをその物体の何というか。

(答)像(ぞう)
→動物のゾウ(象)ではありません。。。

●問6
光が凸凹面(おうとつめん)に当たっていろいろな方向に反射することを何というか。

(答)乱反射(らんはんしゃ)
れて反射ですね。

●問7
光が種類の異なる物質へ進むとき、物質の境界面で進む方向が変わる現象を何というか。

(答)(光の)屈折(ひかりのくっせつ)
→折れ曲がるのですね。

●問8
光が空気中から水中やガラス中に進むとき、入射角と屈折角(くっせつかく)のどちらのほうが大きいか。

(答)入射角(にゅうしゃかく)
→境界面から離れるようにして折れ曲がりますね。

●問9
光が水中やガラス中から空気中に進むとき、入射角をある大きさ以上にすると、光がすべて境界面で反射する現象を何というか。

(答)全反射(ぜんはんしゃ)
て(すべて)が反射してしまうので「全反射」。

●問10
水の入ったコップの底にあるコインは、ななめ上から見たとき、実際にある位置と比べてどのように見えるか。

(答)浮き上がって見える(うきあがってみえる)。
→これも光の屈折によるものですね。

●問11
凸レンズ(とつれんず)の軸(光軸(こうじく))に平行な光は、レンズを通過したあと1点に集まるが、この点を何というか。

(答)焦点(しょうてん)
→「笑点」ではありません。。。

●問12
凸レンズの中心から焦点までの距離を何というか。

(答)焦点距離(しょうてんきょり)
焦点までの距離なので「焦点距離

●問13
物体を凸レンズの焦点の外側に置いたときに凸レンズをはさんで物体と反対側にできる、物体と上下左右が逆向きの像(ぞう)を何というか。

(答)実像(じつぞう)
→実際に映し出される像ですね。

●問14
凸レンズによってできる像が物体と同じ大きさになるのは、物体をどこに置いたときか。

(答)焦点距離(しょうてんきょり)の2倍の位置
→凸レンズからの距離が2倍の位置のことですね。

●問15
物体を焦点の外側の範囲で凸レンズに近づけたとき、スクリーンにできる像の位置は凸レンズに近づくか、遠ざかるか。

(答)遠ざかる(とおざかる)。
→物体を凸レンズに近づけると、遠くに大きな像ができますね。

●問16
物体を凸レンズの焦点上に置いたとき、実像ができるか、虚像ができるか、それとも像はできないか。

(答)像(ぞう)はできない。
→スクリーンに像が映し出されないですね。

●問17
物体を凸(とつ)レンズの焦点の内側に置いたとき、凸レンズを通して見える像を何というか。

(答)虚像(きょぞう)
→物体と反対側から物体側をレンズを通して見ると見えるのですね。

 

音の性質(中1メイン)

●問18
音を出している物体はどのような運動をしているか。

(答)振動(しんどう)
→震えることですね。

●問19
振動(しんどう)して音を出しているのものを何というか。

(答)音源(発音体)(おんげん(はつおんたい))
で「音源」、もしくは、する物で「発音体

●問20
真空中では音が伝わるか、伝わらないか。

(答)伝わらない(つたわらない)。
→空気などの伝わるものが無いので。

●問21
音と光では、どちらの伝わる速さのほうが速いか。

(答)光(ひかり)
→圧倒的に光の方が早いです。。。

●問22
モノコードの弦(げん)などのように、音を出している物体が振動するはばを何というか。

(答)振幅(しんぷく)
で「振幅」ですね。

●問23
一定時間(1秒間)に振動する回数を何というか。また、その単位は何か。

(答)振動数(しんどうすう)、Hz(ヘルツ)
振動する回で「振動数」。

●問24
振幅(しんぷく)が大きい音とはどのような音か。

(答)大きい音(おおきいおと)
→振動する幅が大きいほど大きな音が出るってことですね。

●問25
振動数(しんどうすう)が大きい(多い)音とはどのような音か。

(答)高い音(たかいおと)
→振動数が多いほど高音になるってことですね。

●問26
弦楽器(げんがっき)の弦(げん)の張り方が弱いほど、どのような音になるか。

(答)低い音(ひくいおと)
→たるんでいる弦をイメージしてみてください。。。

●問27
弦楽器(げんがっき)の弦(げん)の太さが細いほど、どのような音になるか。

(答)高い音(たかいおと)
→ギターや琴をイメージ。

●問28
弦楽器(げんがっき)の弦(げん)の長さが長いほど、どのような音になるか。

(答)低い音(ひくいおと)
→こちらもギターや琴をイメージ。

●問29
弦楽器(げんがっき)の弦(げん)を強くはじくほど、どのような音になるか。

(答)大きい音(おおきいおと)
→「細・短・強」(さい・たん・きょう)・・・「弦を細く・短く・強く張る」と高音になります。

 

いろいろな力(中1メイン)

●問30
力がはたらくのは、物体を支える、物体の運動のようすを変える、のほかに、もう1つは物体の何を変えるときか。

(答)物体の形(を変える。)(ぶったいのかたち(をかえる))
→「(かたち)で支える(ささえる)運動場(うんどうのようすをかえる)」と覚えよう。