★方針

「ほめる」を重視しています。前回よりも少しでもできるようになっていれば、そこを見つけてほめます。字を丁寧に書こうとしていたり、問題文に線を引いたり、本人の中での成長が表れていることがあります。そこに気づいて声をかけます。ほめられた子どもは少しずつ自信がついていきます。叱りつけたとしても、委縮することはあっても、才能が開花することはありません。「ほめる」ことで、子どもの顔はぱっと明るくなり、自信をつけていった子どもを多数見てきています。

そして、初めはわからないことを質問することが恥ずかしかった子も、次第に質問ができるようになっていきます。それは、先生が子どもを認めているからです。現在の状態をありのままに受け入れます。先生は、子どもの将来像をイメージして指導しています。この子が将来、立派な大人になることを想像しています。だから、今、本人に自信をつけてもらい、人生をしっかり生きて欲しいと期待しています。

 

★指導内容

①学校の授業内容を定着させたい生徒

基本的には定期テストで点数を取れるようにしていきます。そのため、英語、数学のような積み上げ教科では、初めにさかのぼって学習することもあります。この方が、結局は学習に穴を空けることなく網羅的に学習できるので、後々の学力の伸びは大きくなります。テスト後には、問題・答案・解答を持って来てもらい、見せてもらいます。次回の定期テストにも出そうな範囲が解けていなければ、再度、学習し直します。得点推移グラフを見てもらい、自分の状況を把握してもらいます。

授業の流れは、「解説→解く→答え合わせ→解き直し」のサイクルです。宿題も適量出します。
「ポイントノート」と言って、授業の要点をまとめて書くノートを作ってもらい、わからなかった問題のポイントをその場で書き込んでもらいます。これは問題形式になっているので、それを授業の初めと、宿題の初めにするようにして、復習回数を増やしています。これは先生がオール5を取り続けた時にしていた方法です。この方法を継続して大幅に得点アップさせた生徒をこれまでに見てきました。この「継続する」というのが中々難しいですが、何度も伝えて目の前でしてもらうように取り組んでいます。

②高校受験を目標にしている生徒

特に中3生ですが、積み上げ教科の英語、数学を重視することはもちろんですが、受験に向けて、理科、社会、国語も同時に進めていきます。夏期講習を利用して、学習時間をしっかり確保し、成績を大きく伸ばした生徒もいますので、夏休みの使い方がかなり重要になってきます。外部模試の「Vもぎ」を塾で受付していますので、4回以上は受験してもらうよう勧めています。学校見学や説明会に参加することも勧めています。自分の目で見て、自分が入学することを想像して受験して欲しいからです。受験前には、面接・作文などの練習もして、受験に臨みます。

~光が丘の学習塾 長瀬塾オール5~