1コマ60分で大丈夫?

結論から申し上げますと、むしろ60分だからこそやる気になるのです。大事なことは、何を学び、自分が解けるようになったのかです。

これまで私は学習塾で、1回90分や80分の時間で個別指導をしてきましたが、最後はやはり、子どもの自主学習(家庭学習)につなげないと意味がないことに気が付きました。授業時間が80~90分あると、生徒は途中で集中力が途切れ、頭が知識を吸収しづらくなります。振り返ってみて下さい。これまで長い時間、1科目だけを学習してきて、成績が伸びてきたでしょうか?長い時間、塾で生徒が渋々学習しても学力の伸びはあまり期待できません。ですから、授業時間以外の大部分の時間を占める、自主学習につなげる必要があります。そして、自主学習に結びついている生徒は成績向上が見られています。

当塾では短時間で効率よくポイント解説し、疲れを残さず自主学習へつなげるようにしています。ポイントノートを活用することで前回の科目の復習をサラッとしてから当日の科目に入りますので、実質2科目行い、復習回数を増やしています。

また、塾選びはなるべくお子様に決めてもらうようにして下さい。そうすれば、子どもが自分で選択した気持ちにもなりますし、短い時間の方を選択したこともあって、塾の時間以外で自分で学習をするようになり、20~30分の差以上にがんばるようになります。

指導時間が長い方が安心感があるかもしれませんが、実際の子供の心理としては難しいものです。ですから当塾では、高い集中力を維持し、自主学習へとつなげる60分授業としています。

~光が丘の学習塾 長瀬塾オール5~