成績は上がりますか?

これは良く受ける質問です。結論から申し上げますと、「成績は上がります。」ただし、当たり前ですが条件付きです。何もしないで改善することはありませんし、下手な勉強方法では十分な伸びは見られません。また、定期テストは毎回新しい範囲が出題されるので、その学習内容にまで追いつく必要があります。基礎から開始している生徒さんは、その範囲まですぐには追いつきませんので、その期間は定期テストの点数に反映されません。

だからと言って、付け焼刃的にテスト範囲を学習して少し点数を上げても、積み上げ科目では生徒の記憶をむしろ混乱させることになり、長期的に見て学力の伸びが遅くなります。

これは仕事の覚え方と似ています。順番に体系的に学習していかないと行ったり戻ったりしていては、覚えにくいですよね。例外なども発生して来て、「わけわからない!」という結果になります。

特に英語・数学のような積み上げ科目では、生徒は自分のつまずいている所に戻って学習を開始するしかありません。どの学年であっても、中1の「英語 be動詞・一般動詞」があいまいであればここから開始しますし、「数学 正負の数の足し算・引き算」が間違えるようであれば、ここに戻ります。この方法が長期的な目で見て学力を伸ばすために必要なことです。

もちろん、この基礎をその学年と同じように時間をかけていたのでは、いつまでも今の学年の学習に追いつきません。ですので、要点のみをかいつまんで、全体像を一気に見せてトレーニングします。そこでオリジナルに作成した「中学英語の基礎」や「計算トレーニング ふりかえる」などを使用します。

生徒の気持ちの中では、塾の授業でやっている問題は解けるようになってきて、「自信が少しずつ付いてきた」という感情にまずはなります。その後、学習内容が定期テスト範囲に追いつき、テストの成績が向上し始め、「基礎からじっくりやっててよかった」という気持ちになります。

ですから、焦り過ぎず、じっくり自分のすべき箇所を、着実にクリアしていきましょう。その結果として、定期テストの得点に表れてくるのです。

まずは、生徒が自信を付け、将来、自分で判断し、堂々と生きられる大人になって欲しいと思っています。

~光が丘の学習塾 長瀬塾オール5~